DAIKO RecruitingSite2019
DAIKO RecruitingSite2019

MENU

知る

若手社員
インタビュー

  • 大阪支店
  • 神戸支店

QUESTIONQUESTIONQUESTION若手社員  
  聞いてみました。

第工(株)の面白いところ


まつだ
社員のみんなが個性的、それに尽きる!!!
先輩社員が親身になって教えてくれて、笑かせてくれる。

みうら
個性あふれる先輩方。
いろんな現場があるけど、その現場ごとの監督が親身になって教えてくれる。
忘年会や飲み会でのコミュニケーションはもちろん、相談事にも乗ってくれる仲間。

おがわ
社員のくせが強い。良い意味で(笑

先輩社員との関係性


おがわ
遠からず、近からずの距離感。いい距離感を保ってもらってます。
プライベートなことも話しますし、共通の話題もあるし、話しやすい近い距離感。

みうら
「こういう作業があるがやってみるか?」と挑戦させてくれる。
個人個人を見てくれて、声を掛けてくれる。目を掛けてくれる先輩が多いですね。

まつだ
コミュニケーションを取りたくて自分が一歩踏み込めなくても、先輩から声をかけて歩みよってきてくれます。

仕事でやりがいや苦労を感じていること


まつだ
入社時は、本船サイドチェックの作業をしてたけど、最近になってメンテナンスの作業にあたるようになったところですね。
自分自身、技術を身に着けたいと思って入社したんで、会社でフォークリフトの運転免許や、ガス溶接の資格を取得させてもらって、業務の幅も拡がって楽しくなってきたところ。
今後挑戦したいことの具体的な形はないが、いまはメンテナンス部門に配属されて間がないので、まずは知って覚えて、どんどんステップアップしていきたい。

POINT !!


インタビューアー
今回のメンテナンス部門の配属は、まつださんの希望を会社に伝えて叶った?

まつだ
そういう訳ではなく、先輩とのコミュニケーションの中で、「(修理が)好きそうに見えるからメンテナンス部門でやってみるか?」がキッカケで始まった。先輩が自分のことをしっかり見てくれていると思いました。

おがわ
本船サイドチェックからゲートチェック、ラッシング作業を一通り経験して、いまは事務所で事務作業についています。
現場の経験があるからこそ、数字の大切さが分かって、数字に対する思いが強まってるんで、大変やけど事務作業もやりがいがあって楽しいですよ。

みうら
入社当初、当たり前のことですが覚えることが多くて苦労しました。
本船サイドチェックやゲートチェック、自分のちょっとした見逃し等の失敗で、会社だけでなくトラックの運転手さん・・・どれだけの迷惑がかかるか考えると、責任の重さは常に感じます。

自分が仕事をするうえで一番大切なことは?


おがわ
チームプレイ
どこの現場でも、自分が作業している周囲には絶対に先輩や後輩、仲間がいる。
その中で安全作業や作業の質の向上も生まれるからですね。

まつだ
努力(向上心)
持ってないと、自分の気持ちが終わってしまう。周囲や先輩についていこうって思えるように気持ちは持っていたい。

みうら
責任感
理由は、新人にしろベテランにしろ、仕事をするうえでは一人前として見てくれます。
その現場を任される一員としては、責任感は必要です。

支店長にひとこと


みうら
支店長は、どういうときに"支店の長として、支店長としてやりがい"を感じていますか?

大阪支店長
佐々木
支店長としてのやりがいは、「チームが勝利した時」です。
どういう意味?と思われますよね。現業のみなさんは、自分自身が成果をあげる事を求められますが、管理職はチームの成果をあげる事が求められます。これは、私、一人では到底、成し遂げられません。
まず、チームの組織作りから始まり、各メンバーの得意不得意を見て、それを組み合わせる事によりチームとしての成果を出すことが出来ます。一人ずつ力を付けて、チームの一員としてその力を活かして仕事をしてもらう。チームが一丸となり、助け合い、尊重し合い、成果を出してみんなが笑顔になる。
まさに勝利した瞬間です。

まつだ
支店長なんですけど、自分の思う支店長っぽくないというか・・・自分たちと一緒になって笑い話に付き合ってくれるのは、周りを和ますために敢えてなのか、本来の姿なのか、どっちですか?

大阪支店長
佐々木
本来の姿だと思います。私も入社した時は、先輩社員から仕事以外の話やプライベートの話をする事により、先輩との距離が少しずつ埋まりました。若手社員を迎えたら職場が活気づくように楽しく仕事が出来て、輪となるような職場作りを目指しています。
それには、新人も先輩も関係なく、一人の人間として尊重し合い、若手社員には話を聞く。
先輩、上司面をせずにこまめに声を掛ける様に心掛けているからだと思います。

おがわ
トータルして、なんでそんなにフットワークが軽いのですか?良い意味で。(笑

大阪支店長
佐々木
どんな仕事でも同じですが、「得意先」から仕事を頂きながら日々、業務に励んでいます。
その中でも得意先との仕事上の話は勿論ですが、雑談もコミュニケーションを取るために凄く重要な事と考えています。相手が話し下手な人でも無理なく話しやすい空気を作り、会話を引き出すことも一つの仕事だと思っています。
それは、みなさんに対しても同等です。話題を聞き出しつつ、話しやすい環境を作ろうとしている姿勢を見て、フットワークが軽いと思うのではないでしょうか。
recruit

採用情報

新卒採用

NEW GRADUATES

2019年入社の新卒エントリーを受け付けています。

マイナビ2019

中途採用

MID CAREER

中途社員の方を随時募集しています。

中途採用エントリーはこちら