DAIKO RecruitingSite2019
DAIKO RecruitingSite2019

MENU

仕事知る

ラッシング

確実な作業で安全な航海を支える

船の大きさによって異なりますが、デッキ上に横8列、高さ4〜5段のコンテナが積まれます。
船に積む際、コンテナを重ねて載せていますが、船に固定することで、航海中の荷崩れを防止させています。

作業の流れ

  • Step.01

    綺麗に並んでいますが、航海中に荒波の影響などでコンテナが倒れないように、コンテナ一つ一つを船に固定していきます。

    Step.02

    “ラッシングバー”と呼ばれる金属製の棒を、コンテナの隅に開いている穴に引っ掛けてコンテナを船に固定させます。
    定位置にコンテナが置かれると、ラッシング(固定)作業を行います。

    Step.03

    金属製の“ターンバックル”という締め金具を使用して固定させます。
    2人で協力しながらラッシングバーで船に固定させます。

    Step.04

    コンテナが設置されると、途端、作業場所は狭く限られた範囲になります。
    作業を行う上で、各自の安全は特に気をつけなければなりません。

  • Step.05

    完成
    ラッシングバーには、2段目に引っ掛ける1本あたりの長さ2M(重さ約10kg)のものと、3段目に引っ掛ける長さ4.5M(重さ約18kg)のものがあります。

  • Step.06

    1段目はラッシングバーでは固定せず、2段目をしっかり固定することで2段目以上の重さで1段目を安定させ、固定します。
    下の段が崩れると、上の段も全て倒れてしまいかねません。

    《POINT》

    下の段が崩れると、上の段も全て倒れてしまいかねません。

下記から興味のある業務をクリックしてください。
業務名をクリックすると、作業内容がご覧いただけます。
項目にカーソルを合わせると、説明文が表示されます。

本船
ガントリー
クレーン
トランステナー
コンテナヤード
管理棟
ゲート
ヤードシャーシ
事務所
物流施設

業務一覧

recruit

採用情報

新卒採用

NEW GRADUATES

2019年入社の新卒エントリーを受け付けています。

マイナビ2019

中途採用

MID CAREER

中途社員の方を随時募集しています。

中途採用エントリーはこちら