DAIKO RecruitingSite2019
DAIKO RecruitingSite2019

MENU

仕事知る

修理

経験に基づく技術力と迅速な修理が現場を支える

ダメージ(損傷)コンテナを修理し、コンテナ内に貨物が積める状態にします。

作業の流れ

  • Step.01

    錆びて、穴が開いて、プレートの一部のネジが取れてしまっています。

  • 《POINT》

    穴が開いてしまった部分を修理するため、破損した部分を切り取って新しい鉄板をはめ込みます。<見本>

  • Step.02

    表面の塗装(ペンキ)や錆を焼いて剥がしていきます。

  • Step.03

    はめ込む鉄板のサイズを書き込みます。

  • Step.04

    ガス切断機で切り落としていきます。

  • Step.05

    鉄板サイズの穴が開きました。

    Step.06

    開けた穴の表面を磨いて、はめ込む鉄板を溶接していきます。

    Step.07

    表面を磨いて、錆止めを塗った後、最後にペンキを塗ります。

  • Step.8

    ペンキが乾いたら、取り外しておいたプレートを取り付けます。

  • Step.9

    再び錆がこないよう、プレートの隙間をシーラーで埋めて防ぎます

この作業(技術)の応用編

経験を詰めば、コンテナヤード内の大型機器であるトランスファークレーン(トランステナー)の解体作業の一員として活躍していただきます。

  • トランステナーの解体作業

    ※白枠をクリックで拡大写真をご覧いただけます。

下記から興味のある業務をクリックしてください。
業務名をクリックすると、作業内容がご覧いただけます。
項目にカーソルを合わせると、説明文が表示されます。

本船
ガントリー
クレーン
トランステナー
コンテナヤード
管理棟
ゲート
ヤードシャーシ
事務所
物流施設

業務一覧

recruit

採用情報

新卒採用

NEW GRADUATES

2019年入社の新卒エントリーを受け付けています。

マイナビ2019

中途採用

MID CAREER

中途社員の方を随時募集しています。

中途採用エントリーはこちら